One's Own [or very]

幼馴染の突然の入院。それがすべての始まりだった・・・
毎日お見舞いに通う主人公。そこで感じ始める違和感。
ふとした仕草、昔の記憶、幼い頃にはなかったはずの痣。
やがてその違和感は、想像しがたい事実へと昇華していく・・・

『彼女は本当に・・・本物の彼女なのだろうか?』

パッケージ

パッケージ情報

お気に入り 0人

お気に入りに登録しているユーザーはいません。

レビュー 0件

レビューはありません。

サイト 0サイト

サイトは登録されていません。