瀬里奈

主人公の高阪直人は、半年前から失踪中の恩師の大学教授から一通の手紙を受け取る。手紙の内容に興味を持った直人は記されていた上森村に行くことを決意する。村はかなりの山奥にあり、交通手段も限られていて一日2本のバスが運行しているのみ。
長い時間待たされて乗ったそのバスの中で、彼は周防瀬里奈と知り合う。瀬里奈もまた手紙を受け取っていて、親や姉が住んでいる上森村に向かっていたのだという。
彼女と共に上森村を訪れたのだが、住民の態度がやけによそよそしい。おかしな雰囲気に戸惑いながらも、直人はフィールドワークを始める。
いつしか瀬里奈も行動を共にし始め、やがて二人の関係に変化が訪れる…

Wikipedia

パッケージ情報

お気に入り 0人

お気に入りに登録しているユーザーはいません。

レビュー 0件

レビューはありません。

サイト 0サイト

サイトは登録されていません。