学校であった怖い話S

2007年秋発売予定のPlayStation®2用ソフト『四八(仮)』のディレクターである飯島多紀哉氏とバンプレストがPlayStation®で初めてコラボレーションした記念すべき作品。
ジャンルはサウンドノベル形式のアドベンチャーゲーム。
主人公は六人の語り手の中から一話ずつ怖い話を聞き、それを追体験していく。
マルチシナリオ・マルチエンディング採用による、主人公の選択次第で変化する誰も予測ができない恐怖の結末!
ストーリーは話を聞く順序や選択、主人公の性別によって幾重にも変化し、特別な条件を満たしているときのみ現れる隠しシナリオも用意。
無数の恐怖があなたを待っています。
さあ、恐怖の物語をはじめましょう。

パッケージ情報

学校であった怖い話S

学校であった怖い話S
1996年7月19日

お気に入り 0人

お気に入りに登録しているユーザーはいません。

レビュー 0件

レビューはありません。

サイト 13サイト

ランダムピックアップ!
その他 女性向け
2012年冬コミックマーケット83発行予定「日野貞夫受けアンソロジー企画:びっくりさせるなよ、ばかやろー。」 執筆者募集中です。
0 1,490 2012.6.11 09:05
同じシリーズのゲーム
学校であった怖い話